2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と脱毛施設での脱毛によってワキガの臭いを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、ワキガの臭いを放つ原因となる雑菌が脇毛に繁殖することで異臭を放ちます。

そのため、脱毛を施すことで脇毛の毛根を無くすと、脇毛に雑菌が繁殖できなくなるので、ワキガの臭いを抑えることができます。

けれども、剃刀や毛抜きといった自己処理では脇毛の毛根を完全に無くすことができないので、自己処理でワキガの臭いを抑えるのは困難となります。

その上、自己処理で脇毛を処理しつつワキガを改善しようと試みると、かえってワキガの臭いがキツくなることが多いとされます。

なぜなら、アポクリン腺は刺激を受けると汗の分泌量がますので、自己処理を脇に施すほどアポクリン腺から出る汗が増えるからです。

なので、ワキガの臭いを悪化させずに脇毛を処理する場合は、サロンやクリニックといった脱毛施設に通うのが最善となります。

ワキガの臭いが悪化するリスクを避ける

脱毛施設での脱毛は、脇毛の毛根を無くすことが可能なだけでなく、アポクリン腺を刺激する怖れがありません。

よって、アポクリン腺を刺激せずに脇毛を無くす他にも、脇毛に雑菌がつきにくくなるのでワキガの臭いを抑えることができます。

また、脱毛施設での脱毛を受けるほど脇の毛穴が締まるので、アポクリン腺から出る汗が少なくなります。

そして、アポクリン腺から汗が分泌されにくくなることで、エクリン汗腺の汗と混じっても脇毛がある状態と比べて、ワキガの臭いが悪化する怖れが無くなります。

アンダーヘアの脱毛は力を入れすぎないようにしよう!

アンダーヘアの脱毛事情

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をする際に脱毛器を使うにしてもカミソリ等でムダ毛を剃るにしてもこのデリケートな部分の脱毛をする時には力を入れて脱毛をしないようにしましょう。というのはこの部分は特に摩擦等で肌が擦れてしまうと色素が沈着しやすい部分なので脱毛時の摩擦でもどうしても肌の色が変わってしまう原因になりかねないからです。この部分の色素が濃くなってしまうとプールや海等に行った時にも股の部分が目立つようになってしまうので気を付けるようにしましょう。

アンダーヘアの脱毛をする際にもしも脱毛器を使う場合には脱毛器自体をあまり肌に当てないように少し肌から軽く浮かして使用すると良いでしょう。どうしても同じ部分を何度も脱毛しているとどうしても肌に触れる回数も増えてしまうので色素が沈着しやすくなってしまうからです。また、カミソリを使う場合には石鹸等を泡立てた状態で泡と一緒に剃るようにすれば肌が直接擦れてしまわないので色素の沈着が抑えられるはずです。

肌のダメージや摩擦による色素の沈着を防ぐ

ピンセット等で抜き取っているというような人は、この部分の皮膚がピンセットで毛を抜くことで引っ張られてしまうのでどうしても肌にダメージを与えてしまうのでピンセットで抜き取ることを週に何度も繰り返さないようにした方が良いでしょう。ピンセットで抜く時も有ればカミソリや脱毛器で脱毛する事もある、というようにピンセットだけでの脱毛は止しましょう。

いずれの方法にしてもアンダーヘアの脱毛をする際にはなるべく力を抜いて、リラックスした状態で脱毛すると肌のダメージや摩擦による色素の沈着を防ぐことが出来るでしょう。

お手入れできない条件に当てはまるように言い訳しましょう

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、脱毛できない条件というのを各サロンごとに設定してあります。

まず、肌の過敏症、日焼けしている、乾燥がひどい、などの肌の状態が良くない場合です。

日焼けは見た目でわかってしまうかもしれませんが、子供がいるから外にいることが多くて日焼けしやすい環境にあるので継続して脱毛できない、と言うこともできます。

過敏症などもチェックされるわけではないと思うので、嘘も方便です。

次に子供を連れてのサロン入室はお断りされることが多いはずです。

幼い子供がいる、面倒をほかに見てもらう人もいないので預けられないなどの理由には反論できないと思います。

断り方は色々

妊娠中や授乳中も脱毛できない場合が多いと思うので、それを理由にするのもいいかと思います。

当日の薬の服用や、前日の飲酒、近日中の予防接種なども脱毛できない項目にあるかと思います。冬だと、インフルエンザの予防接種を受けた、と言えます。

少しアバウトではありますが、体調が悪い、というのも一つの断り方かと思います。
大きな病気(がんなど)も脱毛できない条件ですが、さすがにこれは真実でない限り、あまり使えない断り方です。

あとは、価格面で不安がある、ほかの脱毛サロンの話を聞いて、比較しながらゆっくり決めたい、両親や主人の許可が必要、などの断り方が考えられます。

産後の脱毛施設での脱毛の注意点について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、ホルモンバランスが変化するので肌が敏感な状態となり、外側からの刺激を受けやすくなります。

その上、肌が乾燥しやすくなる他にも紫外線の影響も受けやすくなります。

なので、産後にサロンやクリニックといった脱毛施設で脱毛を受けても、脱毛効果を得るのが困難となります。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は肌に光やレーザーを照射するので、肌が敏感で乾燥しやすいと火傷しやすくからです。

さらに、産後は赤ちゃんの面倒を見る時間を確保する必要があるので、脱毛施設に通う時間を確保するのが困難です。

よって、産後の脱毛において多くの脱毛施設で受けるのを断られる形となります。

プロに相談せずに自己判断で決めないこと

産後に脱毛施設での脱毛を受けても、ホルモンバランスの乱れによりムダ毛が濃くなる影響により、脱毛効果を得にくいです。

そして、産後に脱毛を受けて肌のトラブルや体調不良が起きても、サロンでは処置を施すことが不可能です。

なぜなら、脱毛施設となるサロンはクリニックと違って医療機関でないからです。

けれども、産後から半年経つもホルモンバランスが改善されるので、産後に脱毛施設に通う場合は担当スタッフの指示に従うのが最善となります。

ただし、人によっては産後から1年経たないとホルモンバランスが改善されないこともあります。

よって、産後に脱毛施設での脱毛を受ける際の注意点は、担当スタッフに相談せずに自己判断で決めないことです。

埋没毛ができる原因と対策について

埋没毛に悩む女性
ムダ毛の処理をするとできてしまうのが埋没根であります。 見た目が黒いぼつぼつのような感じもので、

実際見てみると、なんだか見た目が悪くて気持ち悪い感じがあるような気がしますが、埋没根ってどういう風にできるのでしょうか?

埋没根は肌が傷ついてできてしまうものである

 埋没根は肌が傷ついた時にできるものです。

ムダ毛を処理をするときにシェービングや毛抜きで毛を処理するときに肌を傷つけてしまうことがあります。

傷ついた肌を再生するために肌の修復を行うのでありますが、その時に肌の修復が毛穴を覆うようになってしまうと

ちょうど毛穴をふさいでしまう感じになってしまうのです。

 また、毛を処理した時に毛穴が開いている状況でありますが、毛穴の中に古い角質などが入ってしまうようなケースもあり、

それが毛穴をふさぐ原因となるようなケースもあります。

どう対処する?

 基本はほっておいてもほとんど治ります。無理に毛を抜くと余計に被害が拡大してしまう危険性もあります。

早めに直すにしてもピーリングなどで肌の代謝を浴することをお勧めします。

 できれば毛穴をふさぐようなことがないように、自己処理をせずにクリニックなどの処方をすることや

自己処理でもできる限り肌にやさしい方法を選んでおいた方が無難であります。