自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

ムダ毛の脱毛、女性にとっては1度気になるとあちこちと気になってしまうのです。
ドラッグストアなどにも安価な価格で自己処理用の脱毛器具が販売されていることから、
手に取りやすく簡単だということでご自分で処理されている方も多いですが、
果たしてそれでそのムダ毛の下にある柔らかな皮膚は大丈夫なのか気になったことはありませんか。

カミソリなど定期的に皮膚に当てていくと当然お肌も徐々に削られていってしまいます。
最初はあまりかゆみなどを感じなくても続けていくうちに段々と肌のうるおいがなくなり、乾燥して肌にかゆみを感じてくる場合が出てきます。
また、肌が弱くなっているためこれまで着用して問題のなかった服の摩擦にも耐えられなくなってしまうのです。
そしてかゆみで肌を掻きむしり、次回自己処理による脱毛をしたくても痛くてカミソリすら当てられない、
もはや人の目にさらされることも恥ずかしい、という状況に陥っていくのです。

これでは一体何のための脱毛だったのでしょう。本来はむだ毛を無くし、きれいな素肌を見せるはずだったのではないでしょうか。
そのような悲惨な状況にならないようにきちんと肌のケアも考えてくれる、サロンにて自分の肌に合う処理をしてもらうのが先決です。

ご自分の肌を診断してもらい最善の方法で処理することをお勧め致します。
安全に早くキレイに脱毛したいのなら、まずはプロに相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*