脱毛サロンと毛周期の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
01

光脱毛は、ほとんどの脱毛サロンで採用されている脱毛法です。
インテンスパルスライトやキノセンライト、クリプトンライトといった特殊な光が用いられます。

これらの光を肌に照射し、その熱によって毛根組織を壊して無駄毛を脱毛するのです。
熱で無駄毛を脱毛すると聞くと、かなり熱さを感じるのでは・火傷をしてしまうのではと不安に感じる方も多いでしょう。
光脱毛に使われる光は、黒い色にしか反応しないという、特殊な性質を持っています。
ですので、肌に光を当てたとしても肌には反応せず、毛根にのみ光の熱を加える為、熱さはほとんど感じませんし、火傷を起こすリスクもありません。

ただ、脱毛サロンで施術を受けるにあたり、注意したいのが毛周期です。

毛周期とは体毛が生えたり抜けたりを繰り返す周期の事で、成長期・退行期・休止期という3つのサイクルに分けられます。
成長期は体毛が太く長く成長する期間、退行期は成長がストップする期間、休止期は体毛が抜けて毛根が完全に活動を停止する期間です。
実は光脱毛、成長期にある無駄毛しか脱毛する事ができないのです。

ですので、1度施術を受け成長期にある無駄毛を脱毛した後は、退行期と休止期にある無駄毛が成長期に入るまで、施術はお休みとなります。
脱毛サロンによっても変わりますが、多くが約2カ月から3カ月置きに施術を行うのが基本です。
施術を繰り返し行う事によって、徐々に脱毛効果を発揮する点が光脱毛の特徴となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*