ニードル脱毛のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
needle

ニードル脱毛は、針脱毛とも言われる脱毛法です。
美容皮膚科など医療機関では、「絶縁針」という特殊なコーティングをした針で施術を行います。
絶縁針は肌が火傷や炎症を起こすといった、リスクを大幅に軽減しているので、安全性の高い脱毛法です。
また、ニードル脱毛は半永久的に無駄毛が生えない、永久脱毛の効果があるので無駄毛にコンプレックスを感じる方にお勧めとなっています。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛は施術を行った部分は、その場で脱毛の効果を実感できる点がメリットです。
レーザー脱毛は光脱毛といった、他の脱毛法の場合、施術を受けてから無駄毛が抜け始めるのは約1週間から2週間後が一般的です。
この間は、施術を行った部分であっても無駄毛が残っている為、なかなか脱毛の効果を感じられません。

一方、ニードル脱毛の場合、毛穴に直接針を差し込み、その場で無駄毛を脱毛します。
施術を行った部分は、すぐに脱毛の効果を実感できるので、ニードル脱毛は達成感を感じやすい脱毛法なのです。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットとしては、費用が高いという点が挙げられます。
毛量やクリニックやエステサロンによっても違いはありますが、両脇の場合10万円から15万円程、腕は15万円から20万円、膝下だと25円から30万が相場です。
永久脱毛の効果があるので、施術を受けた後はカミソリなどで自己処理する必要は無くなるものの、最初に高額な費用がかかってしまう脱毛法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*