お手入れできない条件に当てはまるように言い訳しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、脱毛できない条件というのを各サロンごとに設定してあります。

まず、肌の過敏症、日焼けしている、乾燥がひどい、などの肌の状態が良くない場合です。

日焼けは見た目でわかってしまうかもしれませんが、子供がいるから外にいることが多くて日焼けしやすい環境にあるので継続して脱毛できない、と言うこともできます。

過敏症などもチェックされるわけではないと思うので、嘘も方便です。

次に子供を連れてのサロン入室はお断りされることが多いはずです。

幼い子供がいる、面倒をほかに見てもらう人もいないので預けられないなどの理由には反論できないと思います。

断り方は色々

妊娠中や授乳中も脱毛できない場合が多いと思うので、それを理由にするのもいいかと思います。

当日の薬の服用や、前日の飲酒、近日中の予防接種なども脱毛できない項目にあるかと思います。冬だと、インフルエンザの予防接種を受けた、と言えます。

少しアバウトではありますが、体調が悪い、というのも一つの断り方かと思います。
大きな病気(がんなど)も脱毛できない条件ですが、さすがにこれは真実でない限り、あまり使えない断り方です。

あとは、価格面で不安がある、ほかの脱毛サロンの話を聞いて、比較しながらゆっくり決めたい、両親や主人の許可が必要、などの断り方が考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*